企業に人気のビジネスチャット【サービスを選ぶ際に重要なこと】

web会議

手軽になった会議

Web会議が近年人気を集めています。その主な理由は業務効率化とコスト削減にあります。低コストで導入でき、気軽に利用できます。会議にはPCやスマートデバイスがあればよく、互いの場所を問わないため移動は不要になります。他にも画面共有など利便性が高く、それらにより業務効率化などの効果を実現できます。

環境の何を改善したいのか

ネットワーク

業務の効率化

ビジネスチャットは近年、Eメールに代わる社内コミュニケーションツールとして人気を集めていますが、いざ導入を考えると、たくさんのサービスがありどれにすればいいか迷ってしまいがち。サービスを選ぶ際に重要なのは、組織の規模、予算、そして何のために(何を改善したくて)導入するかを明確にすることです。まず組織の規模は、サービスによってはですが推奨利用人数の範囲がある程度決まっているということ。また、多くは利用料金は1ユーザーあたりの費用なので、利用人数は予算とも大きく関わってきます。上記を踏まえた上で大事にしたいことは、何のためにビジネスチャットを導入するのかということ。言い換えれば、何を改善したいのか、です。というのは、サービスによって使用できる機能がそれぞれ異なるからです。たとえばタスク管理機能があれば、プロジェクトなどを進める上で役立つかもしれません。ビデオ・音声通話機能があれば、いちいち他のアプリに切り替えずに簡単に通話ができます。スマートフォンを頻繁に活用する職場では、スマートフォンでの利用しやすさは重要でしょう。ただし、例えばすでに職場に浸透しているタスク管理ツールがあり、誰も不満を抱いていなければ、ビジネスチャットにタスク管理機能があっても大して意味はないでしょう。ビジネスチャットを導入する理由が、「Eメールの代わり」のみであれば、他の機能は不要かもしれません。しかし、より利便性の高いコミュニケーションツールとしてであれば、そもそも導入したい職場でEメール以外にどんなコミュニケーションツールが活躍しているかが重要です。例えば頻繁に音声通話や電話、PHSなどを利用するのであれば、ビデオ・音声通話の機能は重宝されるでしょう。ビジネスチャットでコミュニケーション環境の何を改善したいのか。それが明確になれば、必要な機能も絞りこまれ、自ずと選ぶべきサービスも決まってくるでしょう。

タブレット操作

業務をシンプルに

予約システムはスマートフォンやパソコンなどを使い、インターネット上で飲食店などに予約できるシステムのことを指します。予約システムを導入することで、お客様だけでなくお店側にもメリットがあり、管理業務の効率化や決済の簡略化などが挙げられます。あなたのお店にも導入してみてください。

クラウド

たくさんのOSで動かす

ソフトウェアを開発するときは、多くのOSに対応させたほうが多くの利用者を獲得できます。マルチプラットフォームでソフトウェアを作りたいなら、対応させるOSを選定してから、専門の開発ツールで作成しましょう。

システム

独自システムの導入

自社独自のシステムを導入したい場合には、システム開発会社に依頼しシステム開発する必要がある。開発費用はシステム規模により大きく変わり、一般的には数百万円以上がかかることが相場となっている。その為、事前の仕様検討がポイントになる。

CHAT

企業で有効活用されている

ビジネスチャットを導入する企業が増えてきています。社内コミュニケーションツールとして利用することもあれば、社内スケジュール管理などにも役立てられるので効率的です。有効活用できるからこそ、導入を検討してみましょう。

Copyright© 2018 企業に人気のビジネスチャット【サービスを選ぶ際に重要なこと】 All Rights Reserved.