企業に人気のビジネスチャット【サービスを選ぶ際に重要なこと】

たくさんのOSで動かす

クラウド

利用者を増やすため

世の中にはパソコンやタブレットやスマートフォンなど、いろいろなコンピューター端末がありますが、それらのOS(オペレーションシステム)は統一されてはいません。そのため、一種類だけのOSに向けてソフトウェアを開発してしまうと、ほかの端末では動作はしないです。動かなければ、どんなに評判のよいソフトウェアを作ったとしても、利用者の数には限りがあるでしょう。したがって、利用者を増やして儲けることを考えるのならば、たくさんのOSで動くソフトウェアを開発したほうがメリットがあります。その数多くのOSで動くことをマルチプラットフォームと呼び、ビジネスソフトやゲームソフトでも、有名なメーカーなら積極的に取り入れています。ひとつのOSしか対応しないのが珍しいくらいなので、ソフトウェアを開発するならマルチプラットフォームを考えましょう。ただし、すべてのOSに対応したマルチプラットフォームは難しく費用もかかりすぎるため、利用者が多いOSのみに対応させるのがよいです。対応OSを増やせば増やすほど、コストも増えますので、きちんと考えた上で対応させるOSを選定しましょう。なお、マルチプラットフォームとしてソフトウェアを作りたいのならば、対応した開発ツールの利用をオススメします。パソコン用のOSのみ互換できる開発ツールや、そこにスマートフォンも加えられる開発ツールもあるので、選択したOSに対応しているものを選びましょう。

Copyright© 2018 企業に人気のビジネスチャット【サービスを選ぶ際に重要なこと】 All Rights Reserved.